足関節捻挫してしまったら処置が重要

捻挫してしまった直後に包帯やテーピング、アイシングをした経験はありますか?

医療機関へ行く前に行う応急処置の基本となるのがRICE処置です。

靭帯の断裂があると内出血したり、組織の炎症が起こってきます。冷やすことや圧迫することによってをなるべく血流を抑えること、急性期にやるべきRICE処置のIとcです。

急性期は、受傷から3日間位のことを言います。

この考え方はPRICEというものに進化しました。

加えられたPは、Protection:固定です。ギプスとか添え木などをあててから包帯などを巻いて、患部をなるべくうごかないようにします。

さらに進化してREST(安静)をやめて、早期から適当な負荷(Optimal Loading)をかけた方が回復を早めるということでPOLICEになりました。

そして最近は、その後のリハビリまで含んだ、PEACE&LOVEという言葉がでてきています。

P (Protection) 保護
E (Elevation) 挙上
A (Avoid anti-inflammatories) 抗炎症薬を避ける*
C (Compression) 圧迫
E (Education) 教育 最適の対処法を教え、不必要な受動的療法を避ける
        &
L (Load) 負荷 徐々に負荷をあげる
O (Optimism) 楽観思考 前向きな考え方をする
V (Vascularisation) 血流を増やす 有酸素運動を取り入れる
E (Exercise) 運動 筋力、自己受容性感覚、体の動きなど

*非ステロイド系のいわゆる痛み止め、イブプロフェンやアスピリン等

Ice(冷却)が除かれました。アイシングは研究が重ねられていますが、確実に効果があると言う証明がないそうです。それと、過度なアイシングは、組織の固着を起こしてしまい、逆に治りが悪くなるケースもあるそうです。急性期のアイシングは、腫れがひどかったり、色が赤(黒い)とか、ズキズキするような痛みがある場合はした方が良いと思いますが、そういった症状がおさまってきたら、3日間ずっとする事はないと思います。

Avoid anti-inflammatoriesー痛み止めの抗炎症薬をなるべく避け、Educationー正しい知識を学んで、最短で治していくことが追加されています。

RICE, PRICEは、受傷直後急性期(0~3日)の対処で、POLICEは、その後の亜急性期(4~10日)までを含めています。
さらに、PEACE & LOVEは、急性期、亜急性期、回復期(11日~)まで含めた考え方といえます。

1,炎症期0~3日安静時痛
腫脹 内出血
部分荷重
足部、足指運動
2,増殖期4~10日腫脹軽減
部分荷重
運動への恐怖感
足関節可動域訓練
安定性、協調性
歩行、日常生活活動
3,リモデリング
  前期
11~21日内出血
歩行正常化
ADL中の痛み、恐怖
早期荷重、バランス
足関節可動域訓練
腫脹でない範囲で負荷を上げていく 
自宅エクササイズ
リモデリング
後期
3~6週間内出血なし
底屈可能
運動中の痛み、恐怖
ホップ・ジャンプを加える
運動療法の継続
自宅エクササイズ
継続6~8~12週間トレーニング

Ⅰ度,Ⅱ度損傷ならば3日間位。Ⅲ度損傷ならば、10日間位このようなサポーターや、硬いテーピング、場合によってはシーネ(形の変えられる、ギブスのようなもの)で固定をしながら、運動はなるべく早い時期から行っていきます。

受傷後3日間は安静と治療に専念して、ごく軽い運動をします。決して無理はしません。

例:足の指を動かす

 足首をちょっと動かす

 関節モビリゼーション(治療院)

 微弱電流治療

 

4日目から、少しずつ荷重をかけたり、足首をもう少し動かして行ったり、チャレンジをしていきます。固定は外して、動かしやすいテーピングに切り替えたりします。(Ⅲ度損傷は10日位まででは外せません)

例:つま先でアルファベットを書く

 床に置いたタオルを足の指を使ってたぐり寄せる 

 つま先立ち、片足立ち

 ストレッチなど

10日を過ぎたあたりから、筋トレやバランストレーニングをします。様子を見ながらオモリを持ちながらやったり、負荷をだんだんと上げていきます。

例:つま先・踵歩き

 足の内側・外側を使って歩く

 足首の背屈や内・外返し運動に抵抗をかける

 階段を使ったつま先立ち

 目をつぶって片足立ち

 ストレッチ

21日頃から、スポーツをしている人は、復帰に向けて瞬発力を鍛える運動を追加していきます。

例:自転車

 階段横歩き

 ジャンプ

 8の字走り

 バランスディスクの上で、スクワット

 左方向へのジャンプ

 ストレッチ

回復度合いによって強度を上げていくのですが、目安は60%できればその強さでトレーニングを続けます。

10回スクワットやろうと思って6回できた。 

20キロのお守りを持とうと思って12キロが持てた。

30秒間片足立ちをしようとして、18秒できた。

これはオッケーです。

でも運動の後に痛みが残ったり、腫れてしまったりすると、それはまだ強度が高すぎますので、落としたほうがいいです。

実際は、治療院で運動をチェックさせていただき、家で宿題としてやっていただきます。

捻挫をして傷ついたり伸びてしまった靭帯を放置すると、足首にかかる力を抑えきれず、そこから崩れて全身の歪みを生むパターンは多いと思います。靭帯の機能を回復させるのは、ある程度早期から負荷をかけること、バランスを戻すには運動が必要だと言われています。

この期間は、あくまでも参考ですので、実際の回復度合いを調べるために、このようなテストを定期的におこないます。

出典、足関節捻挫の病態と治療  小林匠 2018

スターエクスカーションバランステストといいます。怪我をしている足で立ち、8方向に足を伸ばして元の位置に戻せるかと言うテストです。省略されたテストは、ワイバランステストといい、重要な3方向だけで行います。写真の青いラインのところです。

捻挫の治療にお困りなら吉祥寺はたいち整骨院へ

怪我をしてない足で立った場合と比べて、その距離が8割まで回復していれば、競技復帰できると言う目安になります。

Related Post

テニス肘?の患者さんテニス肘?の患者さん

テニスをされている患者さんです。スマッシュなどを打って、肘が伸びたときに外側に痛みが走ると言う症状でいらっしゃいました。 直接的な痛みのある患部には圧力波治療を行って、10回位でテニスのスマッシュの痛みは、ほぼ、なくなり […]