脚長差がある患者さんの股関節施術

脚長差があり、普段から医療機関で処方された靴を履いていらっしゃる患者さんです。健側(長い方)の股関節が詰まる感じがあるとのことで大腿骨頭を引き出す施術を行いました。

今回は時間の関係でできませんでしたが、そ正しい位置にキープするトレーニングも行ったりもします。 その辺のところは月一回、吉祥寺南町コミニティーセンターで整体教室でお教えしています。次回は2024年6月16日(日)の13〜15時ですので気になる方ははたいち整骨院までお問い合わせ下さい。

Related Post