走っていると膝の力が抜けてしまう患者さん

シンスプリントを長年患っていらっしゃった患者様です。様々な治療を試されてきたようですが、当院に来院されたきっかけは、圧力波ショックマスター治療でした。

シンスプリントは、ふくらはぎの深部にある後脛骨筋の機能不全だと言われています。痛みは脛の内側奥のほうに出ます。患者さんは日常生活には支障はありませんでした。でも走るたびにそこが痛くなり、練習ができなくなってしまう。根本改善を望まれていました。

シンスプリントの原因の由来は足の過回内、その状態が長く続いている扁平足などが問題視され、アーチを持ち上げるために、後脛骨筋のトレーニングをしましょうと言うのはよく聞きます。足の指で床に敷いたタオルを手繰り寄せたり、足趾でジャンケンをさせたりというのが有名です。

しかし、そういうトレーニングは、後脛骨筋だけを鍛えられる訳ではないですし、何より地味なので継続して行うのが難しい…と思います。

当院ではショックマスター治療を続けていましたが、その時は改善しても、また走り始めると痛くなってしまう状態でした。対症療法になってしまっており、根本改善は難しいと感じましたので、お使いになられている靴や、インソール(中敷き)を変える作戦にしていきました。

そうしたところ、シンスプリントによる脛の痛みはなくなり、タイムも縮んだと喜ばれておりました。

しかし今度は新たな問題が…走っている最中に膝の力が抜けてしまうと言うことでした。そこで実際に走っている動画を見させていただいたり、全身の骨格や筋膜も併せて治療していきました。

そうすると、骨盤の幅が広く、膝下O脚傾向がかなり強い脚だとわかりました。走り方をみると、右の股関節をかなり外旋させている感じがしました。

走っていて、着地するときに踵の外側から着きます。その時の足の形はこうなってます。(外反)

そこから衝撃を吸収するためにアーチが低くなり、足裏全体が地面に着いていきます。(回内)

そしてまた立て直して(中立)

最終的に母趾側から蹴っていきます。

歩いたり、走ったりするときは、意識していなくても、このように足をねじって使っています。そしてそのねじれは、すね、膝、太もも、股関節、骨盤、腰椎へと伝わっていきます。上行性運動連鎖と言います。イメージはこんな感じです。

この動きがスムーズに行われない事が、いろいろな障害を引き起こします。この患者さんの場合は、骨盤が広く、足がO脚気味なことから、どうしてもかかとの外側を地面につきすぎてしまうので、それを修正するために、内側に強く回内します。(過回内)

そうすると、上行性の運動連鎖のタイミングが遅れてきます。

遅れると言う意味は、歩行や走行はリズムなので、反対側の足の動きも関わってくるからです。反対側では下行性の運動連鎖が起こっており、こういうイメージです。

反対側の足は前に振り出されているので、骨盤のスイングが起こります。蹴り出す足の方の骨盤は、外側にねじれて来て、それが下へと伝わるのですが、足部が過回内のため、内側にまだねじれているので、運動の衝突がどこかで起こります。

脛には脛骨と腓骨という2本の骨出てきており、その間に骨間膜が張っています。以前はこの辺で衝突が起こっていたのでシンスプリントが出ていたのだと思います。

現在はインソールを入れたおかげで、そのタイミングが変わり、もう一つ上の膝で衝突が起こっているのだと考えられます。この症状は、アブダクトリーツイストではないかと考えられます。

膝で衝突が起こるのを回避するため、つま先をクイッと外に回しています。これが膝のガクッと力が抜ける感覚の原因かと思います。

この患者さんに提供したインソールは、矯正力のつよい医療用モデルですが、矯正したい箇所以外は、熱により変形するので、履いているうちに足に馴染んできて、その人の足形に合った唯一のインソールになります。新スプリントや外反母趾など、過回内が問題とされる疾患にはすごく良い結果が出ています。

しかしこれでもなかなか改善しない患者さんのために、カスタムのパーツがあったり、スポーツに特化したモデルなどもあります。来月その講習会があるので、しっかりと学んできます。その患者さんに持ち帰った知識を提供させていただき、そういったことをまとめて、またブログに書こうと思っています。

そして、過回内を防止するエクササイズや、力が抜けてしまう膝の反対側の股関節外旋筋や、大臀筋のトレーニングも必要だと思います。筋肉の左右差のバランスをよくすると、使われるタイミングが合ってきますので、リズムが良くなると考えられます。

健側の臀筋群バランストレーニング

上半身とのバランストレーニング、ダイアゴナルツイスト。この姿勢を一分間維持して見ましょう。

腕振りと骨盤の回旋を、タイミングよく連動させるために行います。

しかし、左右対象なのが果たして良いことなのか、速く走る上ではマイナスなのかもしれません。

以前、ウサインボルト選手はひどい側湾症で、左右の歩幅が全然違うと言うのをテレビで見ました。それがもしかすると爆発的な力を生み出しているのかもしれないという内容だったと記憶しています。

この患者さんが走りやすくて、タイムも出ると言うポイントを探りながら、今後もサポートさせていただきたいと思っています。

Related Post

骨棘ができてしまった膝は圧力波ショックマスターでよくなるか?(動画あり)骨棘ができてしまった膝は圧力波ショックマスターでよくなるか?(動画あり)

今日いらっしゃった患者さんは、働き盛りの大工さんです。いままでも定期的にメンテナンスで来ていただいていたので、ひざが悪いのはわかっていたのですが、いつも疲労が溜まり溜まった状態でいらっしゃるので、マッサージ中心で、膝に関 […]