太腿内側が痛む腰痛(2日目)

太腿内側が痛む腰痛で動けなくなってしまった患者さんの訪問施術2日目の様子です。

先日は、太腿内側の痛みが強くて、起き上がるのが困難そうでしたが、大腿神経の通り道を開ける施術をしたところ、だいぶ痛みは軽減されたようで、今日は立って歩かれていました。

しかし、まだ左に完全に荷重をかけるのは、無理なのと、椅子に座っていらっしゃるとお尻の外側が痛むとの事でした。

チェックさせていただくと、昨日ほどではありませんでしたが、また骨盤の歪みがありました。

骨盤は、左右の腸骨の真ん中に仙骨がはまっていて、構成されています。仙腸関節を介して左右の動きを伝え合っています。

仙腸関節の構造を模式化すると、歯車に例えられます。

よく起こる骨盤の歪みは、どちらかの腸骨が前進前傾していて、反対側が後退後傾していることが多いです。歩いている時などに必要な骨盤のスイング機能ですが、何らかの要因で、固まってしまっているのです。

先日の施術では、大腿神経の絞扼していそうな筋肉を緩めて、神経が伸ばされて、遠回りさせられていそうな歪みを整えましたが、できたのは左側の腰から下だけでした。

今日は右側からもアプローチして、体の真ん中に軸がくるように、首まで診させて頂き、脊柱全体を整えました。

骨盤の前後傾に関係する筋肉は、腰椎から骨盤を吊っているとも言えます。このバランスが悪いと、脊柱もどちらかに引っ張られて湾曲したり、回旋します。当然、椎間板もその方向に引っ張られることになります。

患者さんはこの辺りに円柱状の物を当てて、ゴロゴロとかなり強くセルフマッサージをしてしまったとおっしゃっていました。

脊柱は繋がっていますので、骨盤の歪みは、腰椎や、胸椎、頸椎、頭までおよびます。

次回もまた骨盤が歪んでしまっていたら、体幹のトレーニングを指導させていただくつもりです。

吉祥寺で太腿内側が痛む腰痛治療できる接骨院をお探しなら、はたいち整骨院へ

 

Related Post

太腿内側が痛む腰痛太腿内側が痛む腰痛

先日の訪問で伺わせて頂いた患者さんは、左太腿の内側に痛み痺れがある腰痛で、体を起こすのが辛く、横向きで寝ていらっしゃる状態でした。 何年か前に、椎間板ヘルニアを発症されていて、当時のレントゲン写真も見せていただきました。 […]