骨棘ができてしまった膝はよくなるか?(圧力波ショックマスター)

5 4月 by tanpeinyan@yahoo.co.jp

骨棘ができてしまった膝はよくなるか?(圧力波ショックマスター)

今日いらっしゃった患者さんは、働き盛りの大工さんです。いままでも定期的にメンテナンスで来ていただいていたので、ひざが悪いのはわかっていたのですが、いつも疲労が溜まり溜まった状態でいらっしゃるので、マッサージ中心で、膝に関しては十分な治療ができていませんでした。

最近は忙しそうでしばらくいらっしゃっていなかったのですが、ひざの状態は悪化しており、運の悪いことに仕事中に資材で膝を打ってしまい、レントゲンを撮ったところ、骨折ではなかったのですが、骨挫傷(骨膜の損傷)という診断と、それよりも前からオーバーユースにより、骨棘という余計な骨の出っ張りができてしまっていたそうです。

ロキソニン飲用とサポーター固定で頑張っておられたそうですが、今回の怪我でさすがにしばらくはお休みを余儀なくされてしまったそうです。

いつもどおり90分のマッサージに加えて、プラス3000円で、ショックマスターをお勧めしました。明日から現場に復帰しなきゃいけないともことなので、とにかく痛みを取りましょうということで、すこし恐々でしたが・・・

引っ張り合いをしているひざの外側と内側の筋肉のトリガーポイントに打って、動きの検査をしていただいたら、その時点でだいぶ痛みは緩和していました。

先っぽをディープアプリケーターという、圧力波があまり拡散せずに奥まで届くものに変えて、関節にに向けて、膝のお皿の内側辺りから打ちましたが、最初はあまり反応がありませんでした。

筋肉の厚みがありそうなので、周波数を変えて場所も膝の裏方向に回り込ませるように打ったところ、患部に届いたようで、しばらく悶絶されていましたが、痛みはだいぶなくなり感動されてました。

右ひざだけでなく左ひざも打ってほしいとのことでしたので、その治療の前後を動画に撮らせていただきました。

定期的に受けてみて骨棘を消せたらすごいですね!仕事やスポーツも引退しなくてすむんじゃないかとおっしゃってました。

武蔵野市吉祥寺 はたいち整骨院ホームページはコチラ