吉祥寺 はたいち整骨院 (圧力波ショックマスターでバネ指治療)

23 2月 by tanpeinyan@yahoo.co.jp

吉祥寺 はたいち整骨院 (圧力波ショックマスターでバネ指治療)

武蔵野市吉祥寺の整骨院「はたいち整骨院」では
圧力波ショックマスター治療」を行っております。

圧力波ショックマスターの治療風景です。
この方はバネ指を長く患っています。曲げるときでも伸ばすときでも、一定の角度で引っかかってしまいます。また伸ばしきると痛みもあります。

動画実はビフォアが入っていないので、引っかかっている感じがお伝えできないのですが、アフターでも引っかかりは残っています。

でも本人は動かしやすくなって、伸ばしたときの痛みがなくなったとおっしゃってました。

衝撃波治療は、まず痛覚を麻痺させて、痛みを取り、固まってしまっている組織に微細な傷をつけて、治癒へのサイクルを再始動させます。

最初はかなり痛かったようで、うめき声が入ってますが、痛みは徐々になくなり、固まっていた指が伸びてきました。

組織の再生のため、次回5〜7日空けて次回行います。

バネ指の原因は、この絵のように腱に、小さなこぶができ、曲げ伸ばしの時に移動して、腱鞘を通り抜けにくくなる、引っかかって、抜ける時に弾発すると言われています。
整形外科などではステロイドを腱鞘内に注射して、安静にすると言う治療をされると思います。
それを何回か繰り返して、改善しなければ腱鞘滑膜切開の手術になることが多いようです。

当院には手術しかないと言われている患者さんも、いらしています。その経過も今後お伝えしていきます。

武蔵野市吉祥寺での「圧力波ショックマスター治療」なら「 はたいち整骨院」ホームページはコチラ